電子辞書を購入しよう!

ver. 1.00

パソコンほど必須ではありませんが、持っていると重宝するのが電子辞書です。電子辞書を使い始めると、その便利さに手放せなくなります。

近年の電子辞書は性能が大幅に向上し、音声や動画まで収録されるようになりました。紙の辞書に比べて検索は圧倒的に速く、情報量も充実。広辞苑、英和辞典、リーダーズ英和辞典、和英辞典、英英辞典、漢和辞典、第二外国語の辞書、百科事典などが、たった一つの電子辞書に収められています。

かつては一覧性に難がありましたが、大画面のモデルなら紙の辞書と比べても遜色はありません。

電子辞書のあるなしでは、学習効率に大きな差が出ます。大学ではぜひ電子辞書を手に入れ、学習環境を充実させましょう!

 

電子辞書購入のポイント

収録辞書

電子辞書選びで一番大切なのは、好みの辞書が入っているかどうかです!

好き嫌いはありますが、英和辞典なら『ジーニアス英和辞典』は必須で、英英辞典なら『ロングマン現代アメリカ英語辞典』もあるといいでしょう。和英辞典も欠かせません。『広辞苑』があれば、国語辞典としてだけでなく、歴史用語にも対応できます。

ただし、第二外国語の辞書はそれほど充実していないため、別途、辞書を用意したほうがいいかもしれません。

ただ、第二外国語の辞書はそれほど充実していないため、別途、辞書を用意したほうがいいかもしれません。
 

自分が使い慣れている辞書の考慮して、収録されている辞書に目を配ってください。
 

価格

電子辞書の価格はピンからキリまでありますが、1万円以下の電子辞書は絶対に買ってはいけません! 「安物買いの銭失い」という言葉の通り、まったく使い物にならないからです。

目安としては、3~4万円程度の電子辞書をおすすめします。このクラスの品揃えがもっとも充実していて、実用に十分堪えるからです。
 

ちなみに、出荷数が調整されているせいか、電子辞書は時間がたっても値崩れしません。

 

おすすめ機種

電子辞書で一番のおすすめは、カシオの「Ex-word」(エクスワード)シリーズです。カシオは電子辞書市場で圧倒的なシェアを誇っており、品質も品揃えも申し分ありません。カシオを猛追しているのがシャープで、電子辞書市場はこの2社が勢力を分け合ってします。
 


 
少々高価ではありますが、勉強が桁違いにはかどることを考えれば、電子辞書は確実に安い投資です!

【eureka!公式講座】学術サークルの会員募集中!

(おわり) 

関連記事

大学生入門の記事一覧

一度にすべての記事を読みきれない! という方へ

あとで読もうと思っても、ついつい忘れてしまうもの。TwitterとFacebookページでは、時宜にかなった記事を紹介しています。フォローしてご利用ください!