旅をするときに気をつけたいこと

ver. 1.00

旅に出ると高揚した気分になります。親しい友人との団体旅行ならなおさらです。

しかし、旅先では羽目を外し過ぎないように気をつけましょう。ここでは、旅行で気をつけたいことをいくつかまとめました。

 

1. 「旅の恥はかき捨て」を言い訳にしない!

旅先には知っている人がいません。だから、何をしても恥になりません。「旅の恥はかき捨て」とはそういう意味です。

しかし、自分たちにとっては数ある観光地の一つでも、そこに住む人々にとっては日々の生活の場です。「旅の恥はかき捨て」だからといって、何をやってもいいというわけではありません。

「部外者である自分が、日常生活の場にお邪魔する」という意識を常に持っておきましょう。

 

2. 現地語で二つの言葉は事前に覚えよう!

海外旅行に出かける際は、現地の言葉で少なくとも二つの言葉を覚えておきましょう。それは、「ありがとう」と「ごめんなさい」です。

いかに文化や風習が異なろうとも、この言葉がコミュニケーションの潤滑油になることに変わりはありません。

現地の言葉を覚えるとともに、笑顔も忘れずに!

 

3. 危険には近寄らない

外務省や旅行代理店が発する情報には常に注意を払いましょう。事前に入手できる情報は手元に控えておき、現地でもすぐ取り出せるようにしてください。

また、情報収集には信頼できる現地のガイドも活用しましょう。国内旅行と同じ感覚で海外へ行くと命に関わることもあるからです。ツーリストが近づいてはならない場所は確実に聞き出しておきましょう。
 

そこまで深刻でなくても、トイレの場所と使い方は知っておいたほうがいいでしょう。安全な水と食料の調達方法も必須の情報です。

【eureka!公式講座】学術サークルの会員募集中!

(おわり) 

関連記事

大学生入門の記事一覧

一度にすべての記事を読みきれない! という方へ

あとで読もうと思っても、ついつい忘れてしまうもの。TwitterとFacebookページでは、時宜にかなった記事を紹介しています。フォローしてご利用ください!