名著は無理して読まない

ver. 1.1.0

読書の初心者は、誰もが知っている名著を手にしがちです。全巻十数冊に及ぶ大作に挑戦しようと意気込む人もいます。

しかし、名著を読むことは、読書経験の浅い方にはまったく推奨できません。ほぼ確実に挫折するからというだけでなく、その挫折のせいで読書自体が嫌いになってしまう恐れがあるからです。
 

そもそも、初心者にとって名著が面白いはずはありません。名著とは、本に慣れ親しんだ読者が面白いと感じた本です。逆に言えば、名著を面白いと感じるためには、それ相応の読書経験が必要ということです。

だから、名著を読み始めてはみたものの、いつまで経っても面白いと感じなかったら、遠慮なく中断しましょう。それはきっと、まだ名著を読むべき時機ではなかったことを告げているのです。

 

それでは、いったい何を読むべきなのか?

正解は、今この瞬間に自分が読みたいと感じた本です。軽いエッセーやラノベでもかまいません。だから、自分が読みたいと思った本は手当たり次第に読んでみましょう。

このように乱読するうちに、どうしても名著を読みたくなる時機がやって来ます。そのときこそ、名著を読破する好機到来です!

【eureka!公式講座】学術サークルの会員募集中!

(おわり) 

検索読書法・読書術

関連記事

一度にすべての記事を読みきれない! という方へ

あとで読もうと思っても、ついつい忘れてしまうもの。TwitterとFacebookページでは、時宜にかなった記事を紹介しています。フォローしてご利用ください!