名著が面白くなかったら

ver. 1.0.0

定評のある本を読み始めてはみたものの、いっこうに面白くならないということはしばしばあります。そのような場合は、それがたとえ名著であったとしても、無理してそれ以上読む必要はありません。

特に、普段あまり本を読まない方が我慢して読書することは、百害あって一利なしです。読書がただの苦行になってしまい、読書嫌いになる恐れがあるからです。

 

そもそも名著は、ある程度の読書経験や人生経験がないと、面白いとは感じられないものです。

微分積分をすらすら計算する小学生がいても不思議ではありませんが、文豪の大作を心底愉しむ小学生は想像できません。いくら早熟な小学生だとしても、それを愉しめるだけの人生経験をまだ積んでいるはずがないからです。

 

だから、読み始めた名著がいっこうに面白くならなかったら、ひとまず中断するという選択肢も検討してみてください。それを手にするのは、きっと、時期尚早だったのです。

そして、しばらく経ってまた興味が湧いてきたら、再び手にとってみてください。そうしたら、以前とは違って、その本の魅力を堪能できるようになっているかもしれません!

【eureka!公式講座】学術サークルの会員募集中!

(おわり) 

検索読書法・読書術

関連記事

一度にすべての記事を読みきれない! という方へ

あとで読もうと思っても、ついつい忘れてしまうもの。TwitterとFacebookページでは、時宜にかなった記事を紹介しています。フォローしてご利用ください!