乱読して読書好きになろう!

ver. 1.00

今まで本を読まなかった人が読書を習慣化したいとき、どのような本をどのように読むべきでしょうか? それは、気になった本から手当たり次第乱読することが正解です!

 

古典や名著にこだわる必要はありません。気になる本から読み始めましょう。

なぜなら、いわゆる古典や名著は、読者の初心者にとってはたいてい面白くないからです。読書が苦行になってしまえば、読書嫌いになるだけです。逆に、興味のある本を次から次へと乱読すれば、間違いなく読書が好きになります。
 

また、気になる本を次々と読めば、似たような言い回しや概念と何度も出くわします。そうすると、本を読む速度も自然と速くなり、本を1冊読み終えることが簡単に思えてきます。そして最終的には、本を読むという行為が、空気を吸うことと同じくらいあたり前になります。

ここまでの境地に至れば、どのような本でも気負わずに読めるようになります!

 

そのためには、気になった本を次から次へと乱読してください。

最初は崇高な本でなくても全然かまいません。むしろ、下世話な本のほうが乱読には向いています。気になる本だけをサクサク乱読していれば、いずれ古典や名著に挑戦したいと思える日も来ます。だから、安心してください。

まずは、気になる本を手当たり次第乱読して、読書を好きになりましょう!

【eureka!公式講座】学術サークルの会員募集中!

(おわり) 

検索読書法・読書術

関連記事

大学生入門の記事一覧

一度にすべての記事を読みきれない! という方へ

あとで読もうと思っても、ついつい忘れてしまうもの。TwitterとFacebookページでは、時宜にかなった記事を紹介しています。フォローしてご利用ください!