大学内に複数の居場所を持とう!

ver. 1.00

大学内に自分の居場所はありますか? それはいくつありますか? 大学には少なくとも2ヶ所以上の居場所を確保しましょう!

 

なぜ学内に2ヶ所以上の居場所が必要なのか?

それは、いつ人間関係にひびが入るか分からないからです。学内に居場所が一つしかない場合、その一ヶ所で人間関係がギクシャクしだすと、それだけで大学に行くのが辛くなります。

それに居場所が学内に複数あれば、気持ちに余裕を持つことができます。余裕があれば、たとえ喧嘩しても、過度に感情的にならずにすむかもしれませんし、媚びて付き合う必要もありません。
 

大学にはさまざまな居場所を見つけることができます。ゼミ、研究室、サークル、部活、少人数の講義などです。大学の教職員と仲良くなることもあります。自分から能動的に探せば、新入生でなくても、居場所はいくつか見つかるものです。

 

学内ではなく、アルバイト先や社会人サークルなど、学外に居場所を見つける学生もいます。それも居場所の一つではありますが、それでもやはり学内に複数の居場所を見つけることをおすすめします。

大学内に居場所がないと感じている学生は、留年率や退学率が相対的に高くなる傾向にあります。それに、せっかく大学に入ったにもかかわらず、大学でいつまでも疎外感を味わっていては面白いはずもありません。

大学をアウェーではなく、自分のホームにするためにも、大学内に複数の居場所を見つける努力を続けましょう!

【eureka!公式講座】学術サークルの会員募集中!

(おわり) 

関連記事

大学生入門の記事一覧

一度にすべての記事を読みきれない! という方へ

あとで読もうと思っても、ついつい忘れてしまうもの。TwitterとFacebookページでは、時宜にかなった記事を紹介しています。フォローしてご利用ください!